【お知らせ】

当サイトは令和元年9月25日より法人格を取得【非営利型一般社団法人・ユニバーサルヘルプカード協会 】がホームページの運営・特許庁意匠登録作品の『折り紙ヘルプカード』ライセンス作品の管理提供等を行います。
ですが、今までと同じ、難病当事者の有志によるボランティア活動で役員報酬無しです。
非営利型一般社団法人とは解散時の残金は公的機関に寄付される仕組みとなっています。
『任意団体では、どうしてもヘルプカードの周知徹底の交渉不可能な公的機関の壁がありその為に法人化に至りました』何卒、ご理解とご協力をお願い致します。
●一般社団法人ですので、寄付金控除が適応します。活動を応援して下さる皆様のお志がありましたらよろしくお願い致します。

非営利型一般社団法人 名称 非営利型一般社団法人 ユニバーサルヘルプカード協会
(内閣府・地方創生SDGs官民連携プラットフォーム会員)
法務省法人番号
国税庁法人番号
4300-05-013775
5430005013775
法人設立の年月日 令和元年9月25日
所在地・住所 北海道札幌市
札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ2階
市民活動センターNo.143
サイト運営 渋谷みち代
当サイト運営・意匠創作者・ヘルプカード制作・動画制作・ポスター制作・企画運営・公的機関普及交渉等
事務局 事務局長・苣木芳三
会計事務・奥田直美
目的 当法人は、難病・障害、身体の不自由な方が身につけることで、緊急災害時、迅速に支援を受ける事ができる
ヘルプカード(医療情報カード)を社会に周知普及させることを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
①ヘルプカードに関する広報・啓発
②折り紙ヘルプカード(意匠登録第1605847号)管理提供
③その他法人の目的を達成させるために必要な事業
(当ホームページの運営・ヘルプマーク、ヘルプカード動画研修会の提供等)

一般社団法人 ユニバーサルヘルプカード協会 【事務所所在地・札幌エルプラザ内】

〒060-0808
札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ2階
市民活動サポートセンター内  No.143

【寄付金】【印刷費カンパ】ゆうちょ口座ご案内

■ゆうちょ口座・社  ユニバーサルヘルプカード協会(シヤ)ユニバーサルヘルプカードキョウカイ
普通・記号19070・番号・58476161
【他銀行→ゆうちょ】【店名】九〇八(キュウゼロハチ)【店番】908【普通預金】5847616

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ゆうちょ口座・全国ヘルプマークオリパラプロジェクト(ゼンコクヘルプマークオリパラプロジェクト)
普通・記号10110・番号・75941921
【他銀行→ゆう貯】 【店名】0一八(ゼロイチハチ)【店番】018【普通預金】7594192

【運営】非営利型一般社団法人ユニバーサルヘルプカード協会

『全国ヘルプマークSDGs  全国supporter制度』
『全国ヘルプマークSDGs』

ボランティア活動の流れ ■2016年10月より子どもの難病や福祉制度の谷間の難病の方々、東北等の被災地へ「ヘルプカード」の無償郵送配布を開始
■2017年5月1日〜【全国ヘルプマーク普及ネットワーク】北海道から沖縄までのメンバー制にて集合〜2019年3月31日にてメンバー制度は解散
■令和元年4月1日より
国連のSDGsと連動したヘルプマーク・ヘルプカードの周知展開を開始!
■令和元年9月25日より非営利型一般社団法人ユニバーサルヘルプカード協会による運営開始!
■活動報告書は上記PDFをご覧下さい。
国民文化祭認定団体
「34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」認定団体
当サイトは
非営利型一般社団法人
ユニバーサルヘルプカード協会が運営
サイト名【全国ヘルプマーク普及ネットワークSDGs】

■設立年月日・2016年10月26日

渋谷
(肺動脈性肺高血圧症およびCFS/ME・マスク式人工呼吸器・24時間在宅酸素・重度難病当事者)【創設者・サイト運営・手帳型ヘルプカード・動画制作・ポスターチラシ制作・公的機関交渉等】

【全国ヘルプマークSDGs  全国のsupporterイベント活動】
・全国のサポーター体制によるボランティアによるヘルプカード普及、イベント活動(オリパラsupporterが活躍中!)
https://www.skart-tokyo.com/p/31/
・中山・音瀬・加藤(オブザーバ)
【団体経緯】
外見からは分からない難病や障がいの方々の国認定のJISマーク
【ヘルプマーク・ヘルプカード普及の全国展開のボランティア活動】北海道から沖縄まで21の県庁・省庁・自治体キャラクターを採用した折り紙ヘルプカード・緊急災害折り紙ヘルプカード等のダウンロード版発行やイベントでの啓発・マスコミ取材対応・SNSでのポスター拡散・SNS動画配信拡散によるヘルプマーク・ヘルプカードの全国への普及活動。都道府県、国、省庁等への理解促進交渉活動。勉強会講師活動。

難病当事者の運営による団体のため障がい者差別解消法の合理的配慮によりメールでお問い合わせ下さい。
■「34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」認定団体
【全国キャンペーン】終了 ■役所に取りに行きたくても行けない病状の方々、未導入自治体の方々へ啓発用ヘルプマークやヘルプカードのセットを5000名無償郵送配布の全国キャンペーンを2018年度実施してきました。アンケートに記入方法で安全に配布でき
大変お喜び頂けました。
【震災復興支援・子ども支援・制度の谷間の難病支援】 ■特許庁登録の『折り紙ヘルプカード』や全国の県の公式キャラクターを採用したポスターや『折り紙ヘルプカード』で岩手・宮城・福島・阪神・熊本・福岡・北海道・千葉へ寄付や被災地支援や子ども病院や制度の谷間の難病患者会へのヘルプカードの寄付を継続しています。


【34回国民文化芸術祭認定団体・イベント啓発多数・日本各地でポスター掲示】 ■「34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」認定団体
■全国規模のイベントやブースを設けてのイベントでの啓発・無償配布。
メンバーやsupporterを通して全国へ郵送でヘルプカードや啓発ポスターの無償発送。日本各地でポスター掲示

【文化庁・文科省・厚労省関連事業での配布、医療講演会での配布】
【駒沢オリンピック競技場グリーンリボンフェスティバル・ご当地キャラ博in彦根・ゆるキャラグランプリin花園ラグビー場等全国規模の大会でのブース出展】
【都道府県導入要請・SNS拡散活動】 ■都道府県の導入の要請・自治体キャラクターを採用してSNS拡散、動画拡散の手法による全国的に『ヘルプマーク・カード』への理解や関心を高める活動。
【お困りの個人のみご自身で使う分の無償ダウンロード作品提供】 ■ダウンロード版も多数の県庁、自治体申請、許諾、東京都へ申請〜許可のキャラクター作品を無償で提供しています。
【目標】
2018年度の都道府県の導入も進み
2019年度は
①病院②学校③消防団への周知
■病院・学校・消防へのポスター掲示のご協力をお願い致します。
多数の【県庁キャラクター】を使用させて頂いている関係から、各県庁との規約があります。 【各県庁キャラクターを使用させて頂いている関係から】
特定の政党・選挙応援・政治関係の先生方と一線を置かせて頂いているボランティア活動ですのでご配慮とご理解をお願い致します。
当団体のヘルプカードまたはポスターの政治関係や選挙を目的としたご使用はご配慮お願い致します。
国連のSDGsと連動した啓発
ヘルプカード✖️SDGs
・SDGs✖️ヘルプカード=誰ひとり置き去りにされない世界へ
・SDGs✖️ヘルプカード=助けあえる社会に変えよう!を目標に社会貢献活動
【マスコミ掲載】 【メディア掲載】
NHK国際NEWS・NHK総合テレビあさイチヘルプマーク特集・NHKニュース特集・NHKサンデースポーツ特集・NHKWEBニュース特集2回・NHK地方局特集2回・読売テレビten特集・毎日放送ちちんぷいぷい「緊急災害ヘルプカード」特集。地方テレビヘルプマーク特集
朝日新聞全国版・朝日新聞県総局2回・毎日新聞本社、毎日新聞滋賀県版・朝日学生新聞小中高全国版・福島民報論説3回・日本経済新聞本社・読売新聞社滋賀県版・新潟日報や中日新聞等の県版の地方新聞多数掲載・FM全国ネット・文化放送他ラジオ
WEBニュース多数・マスコミ報道、メディア多数。
【自治体公式ホームページ・自治体広報掲載】 ■公式ホームページ掲載→福島県福島市・福島県郡山市・福島県喜多方市・福島県川俣町・福島県小野町
■広報掲載→福島県喜多方市・新潟県燕市・福岡県朝倉市・福島県会津美里町

印刷費カンパ振込口座のご案内

■活動収支報告→http://www.skart-tokyo.com/p/22/
■印刷費カンパ・活動報告のページに掲載しております。http://www.skart-tokyo.com/p/19/
■2016年度〜活動実績→https://documentcloud.adobe.com/link/track?uri=urn%3Aaaid%3Ascds%3AUS%3A7bc87849-e7f4-4336-b7b8-aa137ac88003

全国ヘルプマークオリパラプロジェクト

■設立年月日・平成30年2月14日

●オリパラプロジェクト・北海道SUPPORTERチーム・大阪SUPPORTERチーム・千葉女子消防団チーム・福島県高校生クラブ活動チーム
[全国各地]ヘルプマーク・ヘルプカード  ボランティアサポーターチーム
詳細→https://www.skart-tokyo.com/p/31/

各県庁・市役所等、たくさんの公式キャラクター許諾を受けています。どこの県も同様の規約があるため政治活動、政党関係者のご使用はご遠慮下さい。

県庁キャラクター・市役所キャラクターの規約の一部です。

NHK ・テレビ出演・ラジオ出演・新聞掲載・ネットメディア取材協力


【NHK ・テレビ出演・ラジオ出演・取材協力】

●2019.6/17【読売新聞社】・滋賀県「見えぬ病気、障害伝える」
●2018.8/14 【NHK WORLD NEWS 】LINE NEWS ROOM TOKYO【ニュースの背後にある事実】「ヘルプマーク」目に見えない障害を助ける    掲載

●2018.11/8    【 Nスタふくしま 】
【Nスタふくしま 】『配慮求めるヘルプマークとは。』
https://youtu.be/upg3veiVCwI
https://youtu.be/JmMbNVXreho


●2018.8/21【NHK 石川放送局ヘルプマーク特集】NHK「かがのとイブニング」

●2018.7/12【毎日放送テレビ】「ちちんぷいぷい・緊急災害時ヘルプカード特集」(昼の情報番組)

●2018.7/11【NHK総合テレビ】「あさイチヘルプマーク特集」
2018.5/8東京取材〜熊本市〜福島市取材、撮影〜7/11放送

●2018.5/23 【BBCテレビきらリン滋賀】生出演『啓発用ヘルプマーク無償配布全国キャンペーン!』

●2018.5/17 【NHK総合テレビ】あさイチ・取材、起立性調節障害ヘルプマーク紹介

●2018.5/15【ラジオ出演!(文化放送)】斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI! ☎︎生出演

●2018.4/27 【NHK総合テレビ】ニュースシブ5時 「ヘルプマーク」を知っていますか、取材・VTR出演

●2018.4/17【読売テレビ報道番組】 NEWS  ten ヘルプマーク特集!命を支えるマーク出演

●2018.4/11【NHK news WEB】特集記事 『2020年への切実な思い』

●2018.4/1 【NHK総合テレビ】サンデースポーツ VTR出演

●2018.3/18【BBCテレビきらりん滋賀】生放送出演

●2018.3/20【NHK 報道局 news WEB】WEB特集記事『気付けなかったをなくしたい』

●2018.11/28福島民報社 (地方版)『ヘルプマーク知って』オリパラsupporterチーム

●2018.10/16福島民報社掲載(地方版)『ヘルプマーク理解求め啓発』オリパラsupporterチーム

●2018.9/25 新潟日報掲載
ヘルプカード」を年度内に配布・県「命守るツールになる」
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180924421303.html

●2018.12/    千葉県  オリパラsupporter女子消防団チーム地域新聞掲載

●2018.11/17 新潟日報掲載
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20181118433182.html

●2018.11/7 【日本経済新聞社 社会部 全国版 】

・日経電子版・日経STYLE・Yahoo!ニュース・ドコモニュース・gooニュース
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO37461610X01C18A1KNTP00?n_cid=LMNST020

●2018.10/10北海道新聞社 腎臓透析患者カード掲載

●2018.10/6朝日新聞社山形総局 朝刊掲載

●2018.9/18福島民報社論説掲載

●2018.6/20  『大阪地震緊急対策ヘルプカード8種公開 人工透析、迷子、難聴、認知症行方不明対策など無償ダウンロード開始』

大手ポータルサイト・Yahoo!ネタリカ・ドコモ・エキサイト・goo・BIGLOBE・nifty他10数社掲載
http://otakei.otakuma.net/archives/2018062008.html

●2018.6/13・中日新聞(滋賀地方版)『全国に広がれ ヘルプマーク』

●2018.6/ 9■毎日新聞社(地方版『彦根から優しさの輪』掲載
https://mainichi.jp/articles/20180609/ddl/k25/040/536000c

●2018.6/ 9■しが彦根新聞社『全国の難病患者へヘルプマーク』掲載

●2018.6/10・朝日学生新聞社(全国版)【朝日中高生新聞】『覚えてね。ヘルプマーク』掲載

●2018.5/30・朝日学生新聞社(全国版)【朝日小学生新聞】『気づいてね。ヘルプマーク』掲載

●2018.6/1・ウーマンエキサイト
https://woman.excite.co.jp/articlechildrid_Hnavi_35026929/
『手に入れられない人たちに届けよう!啓発用「ヘルプマーク」を先着5,000人に無料で郵送配布』

●2018.6/1・りたりこ LITALICO 発達ナビ 【ニュース】手に入れられない人たちに届けよう!啓発用「ヘルプマーク」を先着5,000人に無料で郵送配布

●2018.5/23 ・おたくま経済ニュース『ヘルプマーク「転売」後絶たぬ事情 「取りに行けない」難病当事者がフリマアプリに。。』
http://otakei.otakuma.net/archives/2018052302.html

Googleニュース●Yahoo!●mixiニュース●ニコニコニュース●BIGLOBEニュー●グノシーニュース
●exciteニュース●livedoorニュース●gooニュース●楽天infoseekニュース●ニフティニュース
●ガジェット通信●docomoニュース



●2018.5/18 ■北陸中日新聞社 朝刊『ヘルプマーク無償配布〜今日からストラップなど』

●2018.5/17 ■朝日新聞(地方版)・朝日新聞デジタル・朝日新聞アピタル『ヘルプマーク 知ってますか』

●2018.4/24 ・朝日新聞社【全国版】『無料のヘルプマーク、ネットで売買 取りに行けない』

Yahoo!ニュース・ライブドアニュース他
http://news.livedoor.com/article/detail/13347879/

●2018.3/31・J-CASTニュース・Yahoo!ニュース・ニフティニュース他
https://www.j-cast.com/2018/03/31324665.html?p=all

●2018.1/18 ・福島民報社【論説掲載】
http://www.minpo.jp/news/detail/2018011848466

●2018.4/11【NHK news WEB】 『2020年への切実な思い』
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0411.html

●2018.3/21 ・福島民報社【論説掲載】「ヘルプマーク県内での普及拡大期」
http://www.minpo.jp/news/detail/2018032150133

●2018.3/ 31・ヤフーNEWS・ニフティNEWS・ビジネスメディアウォッチ取材・ライブドアニュース

(ヘルプマーク「転売」後絶たぬ事情 「取りに行けない」難病当事者がフリマアプリに.)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000000-jct-soci

●2018.4/18・北日本新聞 石川県  掲載

●2018.5/06・北陸中日新聞本社 掲載

●2018.5/17・朝日新聞社北陸版 石川県  掲載

●2017.7/17■おたくま経済ニュース・livedoorニュース
http://otakei.otakuma.net/archives/2017071702.html

●2017.11/11 ・毎日新聞社本社
https://mainichi.jp/articles/20171111/k00/00e/040/307000c


●2017.12/28 ・公明党新聞社 『手助け求めるヘルプマーク』
 https://www.komei.or.jp/news/detail/20171228_268

●2017.12/  FM 全国一斉配信  ラジオ番組 keeponsmileにて『日本初の全国ネット!ヘルプマークCM』に協力貢献

全国ヘルプマークオリパラプロジェクト【募金箱】

私たちは無償ボランティア活動です。
しかし全国にヘルプマーク・カードの解説チラシ、周知ポスターや手帳型ヘルプカードを無償で配布・寄付させて頂いております。
■最低でも全国配布経費として印刷費+送料+封筒代がかかります。
■お志で結構です。募金をお願いしております。
■ゆうちょ口座・全国ヘルプマークオリパラプロジェクト(ゼンコクヘルプマークオリパラプロジェクト)
普通・記号10110・番号・75941921
■他金融機関よりお振込の場合・【店名】0一八(ゼロイチハチ)【店番】018【普通預金】7594192

インターネットによる様々な相談窓口インターネット嫌がらせ等相談窓口「政府広報オンライン」からの転載【ご活用下さい!】

法務省の人権擁護機関では、インターネット人権相談受付窓口やみんなの人権110番など様々な人権相談窓口を設けています。インターネットによる人権侵害に限らず、様々な人権問題についても相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。(バナー、転載報告済み)

インターネット人権相談受付窓口

全国共通人権相談ダイヤル(みんなの人権110番)
電話:0570-003-110(ゼロゼロみんなのひゃくとおばん)
最寄りの法務局につながります。
子どもの人権110番(フリーダイヤル)
電話:0120-007-110(ぜろぜろななのひゃくとおばん)
「いじめ」や虐待など子どもの人権問題に関する専用相談電話です。
女性の人権ホットライン
電話:0570-070-810(ゼロナナゼロのハートライン)
女性の人権問題に関する専用相談電話です。

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)